志望動機でお悩みの助産師は必見です!

助産師の転職活動では、「志望動機」作りが鍵!

転職を意識する時・・・多くの方は、現在勤めている職場に対する不満からスタートするのではないかと思います。「業務内容がハードすぎる」「お給料が良くない」「人間関係が悪い」などなど・・・

これらは〈退職理由〉(前の職場を辞めた理由)になり、この〈退職理由〉がもととなって 産まれてくるのが、転職先に望む条件やその職場を選んだ〈志望動機〉になるはずですね。

“助産師さん”に限らず、転職活動で必ずネックになるのが〈志望動機〉です。理由としては、どうしても「前職の悪口になってしまいがち」な点が上げられます。

前の職場対する不満は、面接官にマイナスな印象を与えてしまう事にも繋がりますので、転職活動を進める多くの“助産師さん”達は、本当の事を言わずに「新しい命の誕生に触れたかった」といった当たり障りのない〈志望動機〉を作っているようです。

しかし、この「新しい命の誕生に触れたかった」という〈志望動機〉は、辞めてしまった前の職場(産婦人科 など)にも当てはまるはずですよね。にもかかわらず、なぜ前の職場を離職し、転職をしようとしているのか、このポイントを、面接官に納得してもらう必要があるのではないでしょうか。

しかし、履歴書や面接の場で「業務内容がハードだった」や「人間関係が良くなかった」と正直に離しすぎるのも考えものです。具体的で、且つ後ろ向きでない〈志望動機〉を準備する事が転職活動を成功させる為のポイントとなっているはずなのです。

〈離職理由〉や〈志望動機〉は、その人その人で異なるものです。ですので、ここで一概に「こう言うべきです!」とは紹介できません。“助産師さん”に特化した型の〈転職支援サイト〉で、コンサルタントによるアドバイスを受けましょう。

〈転職支援サイト〉では、より具体的であなたの状況に沿ったアドバイスを受ける事が出来ます。 転職活動での〈志望動機〉作りに悩んでいる“助産師さん”にぜひオススメしたい手段です。

↑ PAGE TOP