助産師がイキイキと働くために!

助産師さんの不満を解決させるには?

これは“助産師さん”に限った話ではないかも知れませんが、多くの方は現在勤めている職場に対して何らかの不満を抱えています。

そもそも離職率の高い職業であると言われている“看護師さん”、またその中でも〈お産〉という特殊な現場で活躍する“助産師さん”に関しては、そのハードな業務内容はもちろん、給与や残業、夜勤など、職場ごとに異なる条件に対する不満も多く、その不満を解決させようと多くの方々が過去に複数回の離職・転職経験を持っている状態でもあるでしょう。

“助産師さん”が職場に対して抱きがちな不満・悩みとしては、「情緒不安定な産前産後のお母さんをフォローする事によるストレス」「ハードな業務に釣り合わないと感じる収入」「女性の多い職場でありがちな人間関係」等が上げられます。

中には、“助産師さん”という職業そのものの特徴を指したものもあり、このような不満は職場を変えたとしても改善は見られないでしょう。“助産師さん”という職業を志した段階である程度の覚悟は必要であると言えます。

業務がハードである事も、女性の多い職場である事も想像できる事なのではないでしょうか?抱いている不満・悩みによっては、自分自身を変える事でしか解決させる事が出来ないケースも珍しくはありません。

しかし、「環境の悪さ」や「条件の悪さ」など、その職場ごとに違いの望める不満を抱いているのであれば、問題解決の手段として離職・転職は有効であるといえます。“看護師さん”と同様に、人手不足が叫ばれている“助産師さん”の転職であれば転職先の求人数も多く、ハードルもあまり高くはないはずです。

より自分らしく、イキイキとした“助産師さん”人生を歩む為に、より良い職場をチョイスする事が出来る・・・就職難と呼ばれて久しい時代にこれほど恵まれた職業は少ないのではないでしょうか?

自分自身が抱いている不満や悩みを一度見つめ直してみましょう。 返るべきポイントは、自分自身でしょうか?職場なのでしょうか?

↑ PAGE TOP