男性助産師は今後も誕生する予定はない?

男性助産師がいないのは何故なのか

近年、医療機関において、男性看護師が活躍している場をよく目にするようになりました。

男性患者からすると、異性の看護師には言いにくい…といった内容の相談等も、気軽に話せるようにもなるので実際のところ、なかなか評判も良いようで、力仕事においても、当然女性より男性の方が有利になりますよね。

では、男性看護師がいるんだから、産婦人科で働く助産師にも、男性はいるのでは?と思った方もいらっしゃるかもしれません。ですが、現在国内では、法律上男性の助産師取得の許可がなされていないのです。

日本には「保健師助産師看護師法」と言った法律が制定されています。その定義として、この法律での助産師とは、厚生労働大臣の免許を受け、助産もしくは妊婦や、新生児の育児指導等をサポートしていく女性の事を指した内容となっています。

妊婦と言うと、そもそも女性。女性が出産する場に、男性が助産師として赤ちゃんを取り上げたりする…なんて、あまり想像出来るものではないですよね。配偶者の立ち合いと言うものはよくありますが、仕事として、出産の場に居合わせる男性助産師となると、資格の取得が不可と言う点も、なんとなく理解出来ますね。

ただ、その出産現場に、男性医師が立ち会う、また、赤ちゃんを取り上げると言うケースはよくあります それなら、男性助産師が存在しても、おかしい話ではないはずじゃ…といった反対意見もあるかと思います。

実際、アメリカ等の海外では、男性助産師が活躍していますが、我が日本では、男性の助産師資格の取得は認められていないのが現状です。男女雇用機会均等法が施行されましたが、今後その点はどうなっていくのか、注目が集まる事になるのではないでしょうか。

賛否両論あるかと思いますが、中にはきっと、助産師を希望している男性も、いるはずでしょうから。 ただ、現時点では、助産師を希望する男性は、別の道を選ぶ事になってしまいますね。

↑ PAGE TOP