助産師が働きやすい環境を作りましょう!

助産師を求める女性たち

助産師と言う職業が注目されるようになった昨今、妊娠経験者で、助産師にああして欲しい、こうして欲しいと望む希望者が増えてきているそうです。

と言うのも、助産院等のアットホームで落ち着ける場所でのお産を希望する人や助産師を直接自宅へと招き、メンタル面の負担が軽減されるお産を望む人が多いらしいのです。

ただ、今の日本の社会では、助産師が働ける環境があまり整っておらず、また実際に助産師として仕事をしている人、助産院が少数といった問題点があります。助産師のほとんどは、総合病院や開業医等の医療機関で働いているようです。

実際に助産師が、助産院運営に携わったり、直接出産の依頼を承るような事は、なかなかないのが現状です。こんなに世の中には、助産師を求めているといった女性たちの声が、多く届いているのにも関わらず、 助産師と言う職業に就いている人は、かなり少ないのです。

助産院ならではの、ストレスフリーな環境での出産や、自分が住み慣れた地元等での出産を望む女性からすると総合病院で出産するなんて、正直あまり気がすすまないかと思います。需要と供給のバランスが、この助産師問題に関しては、上手く釣り合っていないのです。

ですから、助産師の人数を増やすといった点は、近年の大きな課題として挙げられています。ただ、助産師の職業に就きたいと望む人は増加傾向にあるようです。それでも、そういった人々の受け入れ態勢、環境そのものが不十分になっていると言う事自体、問題なのではないでしょうか。

助産師として働く為の重要な研修等を行うシステムが、医療機関側でまだ確立されたものではないのです。看護学校や大学、専門学校等でも、助産師の就職コースの人気は上位にあります。

そして助産師を求める声、需要がたくさんある中で、実際は助産師としてなかなか仕事に就けないなど、多くの可能性が世に出ていないのが現状なのです。

助産師として就職しやすい環境、活躍の場を広げ、助産師を受け入れる体制をしっかりと確立させるなど医療機関及び行政機関の対応が、今後問われていく事になるでしょう。助産師が必要とされる環境が充実するように、行政・医療機関の対応が問われています。

↑ PAGE TOP