助産師不足の解消に繋がるのでしょうか?

助産師求人~何故助産師は注目されるのか~



様々な職業がある中で、近年の傾向として不足がちとされているのが助産師のお仕事です。色々な理由があると思いますが、助産師の為の学校が少なかったり、助産師を増やそうといった環境が、不十分と言う事なども原因にあるようです。

ですが、その職業自体には、世間の注目も集まっているのです。助産師と聞くと、妊娠中の女性の、妊娠~出産までを様々な形でサポートするといったお仕事と想像する人も多いのではないでしょうか。確かに、それも仕事内容で重要な部分ではあるのですがなにもそれだけが助産師求人の仕事と言う訳ではないのです。

妊娠、出産後の女性を対象としているだけではなく、性教育関連や、医療業界を通して、色々な仕事を承っているのです。例えば、出産後は、その後の家庭環境の問題や、育児関連の相談やアドバイスをすると言う事もひとつの仕事です。

また、助産院で行われいてる母親・父親学級での指導や、育児セミナー等の実施も行います。そのようなお仕事も、助産師が行う大切な業務です。妊娠中、出産時の手伝いをするだけでなく、アフターケアとして、産後の生活もサポートしていくと言う点でも助産師は非常に重要な職務を背負っている職業と言えるでしょう。

少子高齢化が進む現在ですが、様々な仕事内容を受け持っているからこそ、助産師は注目されているのです。今後、仕事を求める人のニーズや傾向等に変化があれば、助産師の資格を持っている人は、非常に役立つ事にもなるかと思います。
|Nurse兼六 石川県看護協会|

もうすでに、産婦人科等の医療機関では、助産師資格所有者を雇用する傾向も少なくありません。そもそも、助産師の資格は国家資格ですので、持っているだけでも素晴らしい人材となるでしょう。ですから、色々な職業がある現代社会でも、助産師になりたいと希望を持っている人が多いのではないでしょうか。

看護師の転職事情

看護師は一生続けていくことができる職業です。一度辞めても、また復職をすることもできます。また、求人も多いため転職をする人も多いようです。では、看護師さんが転職をする理由とはなんでしょうか。

一般企業などで働く女性の転職理由で多いのは、人間関係、結婚・出産、夫の仕事の関係などで引っ越しをする、が挙げられます。

看護師さんの転職理由は、年収アップ、出産・育児との両立、看護師を辞めたいなどがあるのですが、中でもスキルアップをしたいと考えている方が多いようです。人間関係や結婚、出産という理由は一般的な働く女性と変わらないようですね。

看護師さんの転職理由は上記でも述べたように結婚、出産など個人的な都合による転職と環境が理由による転職があります。それでは環境的な理由は何があるのでしょうか。

休みを取ることができない、夜勤が多い、長時間勤務など激務による理由が多いようです。それに伴い、疲れがでて医療事故を起こすのではないか、という不安を持ってしまうのも理由にあげられています。    

ママさん看護師は、夜勤をすることができないので夜勤勤務がないクリニックでの仕事に転職をするなど勤務形態を変えていく人も多いようです。

      では、今の病院や施設で仕事を続けていきたいと考えているその理由はなんでしょうか。

人間関係が良好、勤務時間がライフスタイルに合っている、休暇が取りやすい、通勤が便利などの理由があります。子育てがしやすい環境で、すでに働くことができていれば転職を考えずに済むのかもしれません。

夫はもちろんですが、周りの先輩や同僚たちが出産や子育てに理解があるかどうかも重要になってきます。協力してくれる仲間がいれば働きやすくずっと働きたいと思えるのかもしれません。

     一般企業でもそうですが、やはり転職を考えている方でも、在職を考えている方でも多くの人が人間関係を理由に挙げています。働く環境に必要なのは人と人の繋がりなのかもしれません。

看護師の職場は病院だけではない

看護師の職場は病院だけだと思っていませんか?看護師の仕事場には病院のほかに保健室や保健所があります。保健室と聞いて思い浮かぶのは主に小学校や中学校だと思いますが、保健室は大学や保育園、一般企業にもあります。

しかし、保健室での仕事は病院やクリニックのように求人が多くありません。保健室で働きたいと考えている看護師さんは看護師専門の求人サイトを利用すると希望の職場が見つかりやすいでしょう。

では、保健室ではどのような人材が求められるのでしょうか。一般企業では、企業勤務の医師とともに会社員の健康管理業務を行うことになります。

そのため、産業看護や産業保健の専門的な知識が必要とされますが、必ずしも専門的知識がなければいけないというわけではありません。各企業によって必要とされる人材は違いますので、気になる募集があればぜひチャレンジしてみましょう。

小中学校の保健室の先生は養護教諭の資格が必要です。看護師資格だけで学校の求人を探す場合は、大学の保健室になります。大学では、カウンセラーや臨床心理士をおいている学校もあるので、連携を図りながら学生や教職員たちの健康管理をしていきます。

大学によって医務室、健康相談室、保健管理センターなど名称が違い、人員構成や機能なども違ってきますので、就職を考えるときはその大学の求人がどのような役割の人材を求めているのか確認をするようにしましょう。

保育園や幼稚園の保健室は園児の健康管理や年少児、年長児などの年齢に応じた保育指導を保育士とともに行っていきます。

小さい子供たちの健康を管理していくことになるので、病気になりやすい子がいたり、なかなか言うことを聞いてくれない子たちがいて大変なことも多いと思いますが、子供が好きな方なら楽しく働ける職場かもしれません。

このように看護師さんの職場は幅広くあります。ほかにもレジャー施設や福祉施設など病院以外の勤務先はいろいろるので、自分が何をしたいのか、何が自分のライフスタイル合っているのかを考えて転職活動をしていきましょう。

↑ PAGE TOP